脱毛は痛いもの

脱毛は痛いです。
これは、脱毛サロンの口コミで言われるものです。
肌に与える刺激、それに対応する感じ方は人それぞれですから、痛さにも幅があります。


例えて言われるのは、光脱毛などの場合、ゴムで弾かれた程度の痛みと表現されます。
この痛み、人によってはとても痛いと感じる方も当然いることになります。
なぜ、光脱毛などは痛みがあるか?というと、毛根に刺激を与える段階で、熱を発することで、刺激が出てしまいます。
それを熱いと感じることで、痛みになります。


医療用のレーザーの場合、その痛みはとても大きくなってしまいます。
それだけ出力も大きいことで、脱毛効果は大きいとされています。
ですから、痛い思いをするのなら、脱毛はしなくても良いと思う方もいらっしゃいます。


ちなみに、1本1本毛を抜くニードル法の場合、その痛さは激痛だとされています。
体の部位では、デリケートゾーンやわきの下の脱毛は痛みを感じやすいと言われています。


エステなどの脱毛の場合、あまり痛くないという表現が多いのは当たり前で、肌にしっかりと刺激を与えることで、痛みもあると思ってください。
しかし、持続的な痛みはニードル法のみで、あとの痛みに関しては一瞬、短時間のもので我慢ができないことはないと言われています。
それでも、痛みについて考えてしまうと、脱毛をするのかイヤかなと嫌悪感があると、脱毛そのものも憂鬱になってしまいます。
少し痛いけれど、きれいになるならいいや、という程度が良いでしょう。


<外部リンク>
医療用のレーザー脱毛だけど痛みが少ないと評判の札幌の脱毛クリニックです・・・レーザー脱毛 札幌



Copyright © 2014 脱毛と痛さについて All Rights Reserved.